3Dデータ活用への取組み

1. 3Dデータでコストダウン

XVL3Dドキュメンテーションスイート*1 を使い3Dデータから様々なイラストへの展開が容易になり、求められる品質にあわせた高いコストパフォーマンスを提案します。

2. アイデアを3Dデータでプレゼンテーション

ラフスケッチのアイデアをSolidworks*2を使い3Dデータを作成し、思いを形に表すお手伝いをいたします。

3. 3Dデータでわかりやすいコンテンツ制作

3Dデータがあれば、XVL3Dドキュメンテーションスイート*1 を使い文章とイラストだけの説明からアニメーションを取り入れた、よりわかりやすいコンテンツを提案します。

*1 XVL3Dドキュメンテーションスイートとはラティス・テクノロジー社が開発した3次元フォーマットです。

*2 SolidworksとはSolidworks社が開発した3 次元 CAD 設計ソフトウェア です。

【活用シーン】

1. 3Dデータでコストダウン

2. アイデアを3Dデータでプレゼンテーション

シュレッダーの3Dデータがあった場合を例に、2Dイラスト、またパーツリストなどに使用できる、分解イラストへの展開をご紹介します。

キャンプなどで使用するランタンに取り付けて使用するリフレクター、こういう商品があれば便利かなと考えて、ラフスケッチから3Dデータを制作した場合の例としてご紹介します。

プレーヤーの再生ボタンで再生されます。

音声は入っていません。

《株式会社サンサイト》

大阪府大阪市北区西天満3-8-4 朝日プラザ西天満201

Tel:06-6809-4876     Fax:06-6363-5089   e-mail:info@sunsight.co.jp